これから痩せようとして家の近くのフィットネスクラブ、スポーツジムに通おうとしている方に伝えておきたい事実があります。

普通のフィットネスクラブ(以下ジムと呼ぶ)には太っている会員がとても少ないという事です。

会員にはどのような体型の人が多いのか?

痩せ型の人、普通体型の人、筋肉質な人、太り気味の人、太っている人、めちゃめちゃ太っている人

と、分類してみましたが一番多いのは普通体型の人と筋肉質な人ですね。

彼らはウェイトトレーニングで筋肉を増やす目的でジムに来ています。

その次に多いのは痩せ型の人ですね。

彼らはカーディオマシン(ランニングマシン)で有酸素運動をしたり、プログラムに参加して楽しみながら痩せたりしています。

太っている人は少数派

ふつう、太っている人こそジムで筋トレやランニングをすべきなのでは?と思うかもしれません。

でも、いくつかのジムを渡り歩いてきた私の経験上、太っている人こそ少ないのです。

それも、デブ具合が深刻化すればするほどその数は少なくなってくるのです。

太り気味の人は居るには居ますが結構少数派で普通に太っている人はほとんど見かけない。

めちゃめちゃ太っている人なんてまずいないでしょう。という感じです。

そこで私は何故なのか思考してみたのですが太っている方は自分の体型をコンプレックスに感じてしまって、人目が気になってしまい、ジムに通う事が出来ないのではないか?と思ったのです。

本来、ジムの存在意義というのは自分の理想の体型を獲得する場であるという事なのですが理想の体型から程遠い人ほど少数派でして、むしろジムに来なくても十分理想的な身体してるでしょ!って人ほどジムに多いんですよね。

この矛盾はどこの地域のジムでも同じなのではないでしょうか?

フィットネスクラブ、スポーツクラブの会員の目的

彼らの目的は年配の方だったら健康維持、男性だったら筋肉質な身体、女性だったらスレンダーな身体になるという目的がほとんどです。

ジムにはトレーニングマシーンやウェイト器具、有酸素マシン、プール、スタジオプログラムなどがありますね。

  • トレーニングマシンには男性の割合が7割
  • エアロバイクやカーディオマシンなどの有酸素マシンには男性女性半々ぐらいの割合
  • スタジオプログラムは女性がやや多め
  • プールには年齢性別問わず半々ぐらいの割合

こんな感じでしょう。

そして、その中で太っている人の割合は1割未満

いや、もっと少ないかもしれません。50人に1人いるかいないかぐらいの割合と言った方が正確っていう感じです。

痩せる為にフィットネスクラブ・スポーツジムという選択はナシなのか?

ナシだとは言いませんが少数派になってしまう事は間違いないという事と人目を気にするタイプの方であれば痩せる為の選択肢には入れない方が無難ですよ。

というのも、ジムの会員同士って結構な確率で顔見知りになります。

顔を覚えられる事は当たり前ですし、ジムの会員同士ワイワイガヤガヤとお話ししているグループもいたりするので現在の体型が原因して人間関係に自信が持てないという方は入会したとしてもそれらがイヤになって辞めてしまうと思います。

本当に痩せたいならパーソナルジム一択です。

何だかんだ言って、痩せるのならパーソナルジムが一番手っ取り早いですね。

多少費用がかかりますが悩んでいる時間や結果の出るスピードを考えるとダイエットの専門家でも無い限りはパーソナルジムに入って2ヶ月で痩せるという選択が一番賢いという事が分かるでしょう。

最短最速で痩せるならパーソナルジムが良い理由

  • 指導経験豊富なトレーナーが付く事
  • 顧客の殆どが太り気味以上の体型の人であるという事
  • ダイエットの知識が身に付く為、今後の為にも良い事

どこのパーソナルジムが良いのか?

パーソナルジムが乱立している昨今、どこのパーソナルジムが良いのか?

ライザップですね。

ライザップが良い理由

信用度、顧客数がナンバーワンだからです。そして、確実性です。

トレーナーの知識、指導経験も半端じゃないので精度も半端じゃ無いです。

ライザップに行けば問題はほぼ解決します。

無料カウンセリング受付中/ライザップ